乳輪のぶつぶつ(モントゴメリー腺)の除去手術

どのような治療ですか?

乳輪にぶつぶつしたにきびのようなイボのようなものが見られることがあります。
これはモントゴメリー腺という皮脂腺で、乳首と乳輪を保護するための皮脂を分泌しています。
したがって誰にでもあるものであり、機能的にもある程度は必要なものです。

しかしモントゴメリー腺が必要以上に発達すると乳輪がぶつぶつと膨らんで大変目立ちます。
こうしたケースでは、健康上に害がない範囲で目立つものだけ除去することができます。

モントゴメリー腺はイボやホクロを除去するような方法できれいに 取り除くことができ、傷跡もほとんど目立たなくなります。

手術方法

一つ一つメスで切除して、極細の糸を使って丁寧に縫合します。
手術はバストトップ形成手術を得意とする美容外科・形成外科の認定専門医が行うので、傷痕はきれいに治り、極めて目立ちにくくなります。

≫当院のバストトップ形成担当医のプロフィールはこちら

手術はわずか60分の日帰り手術です。
手術後は患部をガーゼで保護して、その上からブラジャーの着用も可能です。

手術は痛いですか?

手術は常に無痛にしてから行いますから痛くありません。
痛みを感じるとすれば、麻酔の時です。

当院のバストトップ形成の麻酔はナノニードルという極細の注射針で行うので、通常の麻酔よりも痛みが少ないのが特徴です。
それでも心配な方には、笑気麻酔(マスク麻酔)や静脈麻酔(無痛麻酔)をオプションで追加することもできます。

≫当院の完全無痛麻酔について、詳しくはこちら

手術後の通院、生活、仕事など

手術後、麻酔が切れると若干痛みが出る場合があります。
痛み止めの内服薬を処方しておりますので、麻酔が切れる前に内服して、手術当日はできるだけ安静にお過ごしください。

患部を保護するガーゼは手術の翌日に外し、以後、石鹸を使いシャワーで洗い流すことができます。
微量の出血が数日程度続く場合があるので、シャワー後に交換用のガーゼを患部に当ててお過ごしください。

日常生活や家事、事務仕事は翌日から可能です。
シャワー浴は翌日から可能、湯船の入浴は1週間後から可能です。

飲酒や運動は1週間控えてください。
乳首への強い刺激は1ヶ月間程度避けるようにしてください。

1週間後に抜糸の通院があります。

乳輪のぶつぶつ(モントゴメリー腺)の悩み Q&A

Q1モントゴメリー腺除去手術の費用はお幾らになりますか?
Aモントゴメリー腺の除去手術は1個づつの治療となり、大きさや数によって費用は異なります。
医師が診察してからご料金(総額)を提示します。
Q2モントゴメリー腺除去手術と乳頭縮小手術も同時に受ける事は出来ますか?
A同時手術可能です。
Q3モントゴメリー腺除去手術の傷跡は目立ちませんか?
A美容外科・形成外科の認定専門医が丁寧に施術しておりますので、心配ありません。
Q4モントゴメリー腺除去手術をした後に、どのくらいで仕事復帰できますか?
A事務仕事や家事程度であれば、当日から普通に仕事復帰できます。 汗をかく労働職の場合は、加減すれば当日からでも可能ですが、可能なら数日程度回復を待ってから復帰としたほうが良いでしょう。
Q5モントゴメリー腺除去手術をした後に、不感症になる心配はありませんか?
A切除縫合した部分が一時的に感覚が鈍くなることがありますが、傷が癒えるにつれて元の感覚に戻るので、ご安心ください。
Q6未成年ですが手術できますか?
A手術同意書のご記入などにより親御様の同意が確認できれば手術できますが、 原則として親御様とご一緒にカウンセリングを受けるようにしてください。

≫未成年者の手術同意書記入についてはこちら

東京院
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階

大阪院
大阪府大阪市北区芝田1-10-8
山中ビル8F

東京 中央区 銀座駅から徒歩2分、大阪駅から徒歩3分 バストトップのお悩みは専門の女医にご相談ください

0120-963-474 メール無料相談 無料カウンセリング予約

ページトップへ戻る